7/22(水)ベジサモサ&ひよこ豆カレー・消化力回復!スパイス料理教室(子連れOK)

2015年07月24日

毎日の生活に気軽に取り入れられるアーユルヴェーダのアイデアを提案する「Amarm Ayurveda」を主宰する、
ミシュラ京子さんを講師にお迎えして「ベジサモサ&ひよこ豆カレー」を教えていただきました。

0722_02

0722_07

0722_04

ミシュラさんが教えてくださる家庭で作るインドカレーは、使う油も最低限なので、食べた後にお腹が重くなりません。 また、基本のスパイスの配合もありますが、あとはその日の家族の体調(ちょっと風邪をひきそう、胃腸の調子が良くなさそう・・などなど)や好みに合わせて、スパイスを増やしたり減らしたり・・・と、美味しいのはもちろん、食べる人が元気になれるレシピになっているのがとっても素敵だなぁ・・・とふむふむメモを取ってしまいます。 失敗しそうになった時の主婦の知恵や、スパイスを日々の料理に使う時のポイントなどなど、日々、ご家族の為にスパイス料理を作っていらっしゃるミシュラさんのリアルなお話しが色々伺えて、調理しながらも「へぇ~」と笑いが止まりません!

0722_09

5歳のちびっこもママと一緒にお手伝い。皮をひたすら伸ばして伸ばして・・・楽しそうでしたよ。

0722_01 この形がかわいい・・☆”

0722_05

この日のミシュラさんがしていたエプロンは、なんと、カディ―から作った手作りエプロン☆(この日アシスタントをしてくださっていたユウナさんのお手製です)吸水&速乾性の高いカディは、確かにエプロンにぴったり。パイピングには、インドのウッドブロックプリント(だと思われる)の布が使ってあって可愛さアップ。もっとちゃんとお写真を撮らせていただけば良かった・・!!

0722_03

手作りの皮はやっぱり美味しい。中の具材も、お家の冷蔵庫と相談して好きな組み合わせを楽しめるのも嬉しいですね。
私だったら、パクチーをどっさり刻んで入れてしまうかも・・・!

0722_062種類のチャトニーを一緒にサモサに乗せてぱくり。
ケチャップでも美味しいのですが、ちょっとひと手間スパイスを加えるだけで、おもてなし感もアップ。
このチャトニ、カレーに混ぜて食べても美味しかったです。

【メニュー】

※アーユルヴェーダの考えを基に、一部乳製品を利用しています。

0722_08

あっという間に出来たひよこ豆のカレーに、包むのに盛り上がったサモサ。 知らないお料理には警戒心が強い!というちびっこ、どちらもぱくぱく食べてくれました^-^! サモサは揚げる前の作り置きができるので、これからの季節、キャンプなんかにも活躍してくれるのでは・・!? ビールにサモサ、おやつにサモサ、お弁当にサモサ、持ちよりパーティーにサモサ・・・笑 ぜひぜひ、何度も作ってくださいね。 わたしも作ります!(text by toshie)