家庭で作る菜食インドカレー教室vol.2

2010年11月25日

  • ワークショップ名:家庭で作る菜食インドカレー教室vol.2
  • 開催日:2010年11月20日(土)
  • インストラクター名:山登 伸介(shiva curry wara)

三回目となる今回の菜食インドカレー教室は、季節の移ろいに合わせて、秋を感じる野菜を使ったカレーを作りました。

まずは、ガラムマサラ、タンドール風グリルに使う漬け込み用のソース、カレーのベースとなるマサラソース、のデモンストレーションを行ってから、実習開始です。

カレー教室シャバシャバ具合

シャバシャバ具合はどのくらいでしょうか~

カレー教室きり方

野菜の切り方をレクチャー。このくらい大きくていいんです。

今回はなかなかボリュームのある内容です。 

事前に頭の中で進行のシュミレーションを行いましたがどうも時間内に収まりません。。。 

ところが今回の参加者の約半数はリピーターの方々。 
要領を心得ていらっしゃるようで!ほぼ予定通りに進んでいきました。
 

途中、カレーの仕上げ、ベジタブルライタ、イエローライス、のデモンストレーションが入り、仕上げの実習に移ります。 

この時間帯になってくるとみなさんかなりお腹がすいてきた模様。 

もうちょっとで食べられるからがんばって!  

カレー教室分担

山登先生、各班を回って進み具合、カレーの状態をチェックしてます。

カレー教室3人キティちゃんエプロンがカワイイ!参加者さん、ささっと下ごしらえをするアシスタントnobue先生。

今回のメニューで特に力を入れたのは野菜のグリルです。(カレー教室なのに!) 

カレーに関しては今までの経験上、少々のミスをしても要所さえ押さえればそれなりにおいしいカレーに仕上がります。 

この野菜のグリルのレシピ、家庭のグリルでもタンドールで焼いたのと遜色ないおいしさに仕上がるように試行錯誤を繰り返してできた代物です。 

・・・というわけで実習での仕上がり具合にドキドキしましたが、 

結果、どの班もとてもおいしく作れていてほんとに良かったです!  
味見と称してつまみ食いしすぎたかもしれません・・・。 

 
そしてお待ちかねの試食タイム! 

各班、カレーももちろんおいしく出来ているのですが、それぞれ少しずつ味が違う仕上がりになるのがおもしろい。 

玉ねぎの炒め方やスパイスを入れるタイミングなどの少しの違いが、味に変化をもたらすのです。 
カレー教室みんなのカレー
そんな味の違いを食べ比べながらの試食タイム、ここがある意味一番盛り上がる時間帯かも。 

カレー教室チャイ 食後はしょうがとシナモンのチャイでほっこり温まって頂きました。

参加して頂いた方には感覚を忘れないうちに作ってもらいたいですね。 

そして出来上がった感想や疑問点など、聞かせてもらえればと思います。コメント欄にぜひ投稿してくださいね!
(text by 山登伸介)

————————————
【メニュー】
きのこのカシューナッツソース  
旬の野菜をカシューナッツを使って濃厚なカレーソースに仕上げます。 
前回同様、基本のカレーソースから実習で作っていきます。  

野菜のグリル タンドーリ風  
スパイスとヨーグルトでマリネした野菜のグリル。
インドではタンドール(土窯)を使用しますが、 日本の家庭向けに、コンロのグリルを使って焼きあげます。焼きあげる工程は実習で行います。

ガラムマサラ 
料理の仕上げに使うインドのミックススパイスを作ります。  
市販のものとは違う挽きたてのスパイスの香りを実感できます。今回のカレーに使用します。 

べジライタ 
ヨーグルトと野菜のサラダ。カレーの付け合わせとしてシンプルなレシピでサッと作れます。 

イエローライス 
ターメリックで黄色く色づけして炊き上げます。 

チャイ 
体を温める効果のあるジンジャーとシナモンを使ったチャイ。 

*食事の際には試食として、チャパティ(インドの家庭で一般的に作られる、全粒粉で作る薄焼きパン) をご用意します。

※今回はインドのベジタリアン(ラクトべジタリアン)対応ということで、乳製品を使用しています。

11月カレー教室完成
——————————————–