“足首・膝・股関節”バランスを整えて 太ももほっそり美人

2011年03月02日

  • ワークショップ名:”足首・膝・股関節”バランスを整えて 太ももほっそり美人
  • 開催日:2011年2月26日(土)10:30~12:30
  • インストラクター名:Rolfer Yuki(米国認定アドバンスロルファー)

今回のワークショップのテーマは、ずばり ” 脚ほっそり ”。

参加者のみなさんの『脚』の悩みなどを聞いてから、『足』のバランスからチェック。脚の問題は、足のバランスも大きく関係してくることもあるのですよ。

それをケアしていけるように、足からおしりまでの簡単にできるマッサージを、テニスボールを使って行うコツを伝えていきました。
ももほっそり ユキあし

体重の乗せ方にもコツがあります。

ももほっそり はがす

骨の感じ、分かりますか~?

手でやるマッサージとはまた違い、硬くなっている部分を発見したり、呼吸を使いながらゆるめたり動きを利用したり・・・みなさん、一瞬にして無言になってしまうくらい自分のからだの様子を感じながらマッサージされていました☆気持ち良いことはいいですね♪

ももほっそり 実践

マッサージやロルフィングのムーブメントエクササイズをしながら、時には立ち上がってバランスを見たり、歩いてみたりと、その都度の身体の変化・感じ方をチェック。足の体重の乗り方に気付けるようになったり、自分がどうやって歩いているのか気付いていた人も多かった様子。

*足首のラインが変わった方
*内腿の使い方がわかった方
*脚のラインが変わった方
*足指がもっと使いやすくなった方
*足のアーチのバランスがととのってきた方 

など、変化は人によって色々なところに現れていましたよ。

ももほっそり 膝

膝の裏、どこまで伸ばしてるかな。

それもすべて、とっても簡単なマッサージと、からだの癖をリパターンして、からだへの意識を高めるロルフィングのムーブメントエクササイズをしただけ。

些細なことでも、自分が気付いて、意識しているかどうかで結果は大きく違ってきます。

参加者の皆さんにもお伝えしましたが、日々の歩行やしぐさなどが変わることが、大きな変化につながります。今回のワークショップで得たことを続けていただけたらうれしいです☆

(text by Rolfer Yuki)

————————————-

自分のからだに対するイメージや、意識した時の状態、といった自分が「こう」だと思っているからだ地図。WSに参加することで、その中の曖昧な部分を明確にしたり、地図が途切れていることに気付いたり・・・と、感覚や認識が変化し、さらに日常の動き方が少しずつ自分の心地いいものへと変化していきます。
だから、その日だけでやって終わり、ではなく、その後も身体への変化や効果が続いていくのがおもしろいロルフィングのムーブメント。

WSが終わったあとでも、疑問・質問がある場合はメイルにてお問い合わせいただければ、Rolfer Yuki さんがお答えしていますので、「こんな変化があった」「やり方を忘れてしまったのだけれど、どうやるんでしたっけ?」など気軽にご連絡ください。

**Rolfer Yukiさんのブログロルフィング美力☆日本一小さいアドバンスロルファー*ユキのからだ美発見記 です。身体にまつわる色々なことがYuki さんならではの言葉で綴られています。

【ロルフィング とは】

ロルフィングとは、身体中を包み込む筋膜とよばれる膜を整えることで、身体のバランスをとりながら、癖になり歪みや痛みをもたらす動きを改善に導く、身体の構造と機能、両方へアプローチしていくものです。

多くの体の歪みや痛みは、習慣化された体の使い方が原因です。
習慣化された動きは、何も考えずに行うことができ無意識下で繰り返されるものです。

それが日々続くことで筋肉だけでなく、骨や内臓をも包む筋膜は
習慣になった動きがしやすいように、ねじれ、そして硬くなっていきます。

そうすると、意識して望ましいからだの使い方をする時に、硬くなった筋膜が邪魔をして難しさを感じます。

ロルフィングでは、そういった筋膜を調整していくと共に、筋膜への不必要な緊張をもたらした動きを改善していくことで痛みがなく、効率よく動ける居心地のいい体作りをしていきます。

ワークショップでは、一人ずつに筋膜へのアプローチはできないので、ロルフィングの考え方や、小さい動きのエクササイズを通しながら、緊張した体のゆるめ方を知り、もっと自分らしく楽チンなからだの使い方を発見していきます。

ロルフィングは私たちの身体の根本にあるものを目覚めさせます。

自分で身体を感じる能力や、自分で心地よい動き方を見つけていける能力を高めていきます。
それにより、習慣になった動きが痛みを生む前にその動きを改善し、痛みを回避していくことができ、より快適な日常生活を目指すことが可能です。

ヨガ、ピラティス、ダンスなど、からだを動かしている人にとっては
動かしている時にどこを意識すれば、より気持ちよく伸び、できない事ができるようになるのか
自分のからだで気付くことができるようになっていくでしょう。

【筋膜とは】
・筋肉だけでなく、骨・神経・血管・内臓など全てを包んでいる薄い膜。
・からだの姿勢(形)を形作っている膜。
・筋肉の緊張状態も、筋膜に左右される
・習慣になった動きが姿勢となり、それが筋膜にインプットされていく