ヨガ

ヨガとは

古代インド発祥の心身の修行法で、その語源は「つながる」や「結びつく」。ポーズ(アサナ)、呼吸、瞑想、ライフスタイルをバランスよく整えることにより、心を静めココロとカラダを調和のとれた状態へ導きます。
SUGATA青山のヨガクラスは、自身もヨギ&ヨギーニとして向上心豊かで勉強熱心な講師陣によって提供されています。プロップス(ボルスター、ブロック、ベルト、ブランケット等)も整っているので、それぞれの体形や柔軟性に合わせた形で安全にクラス受講しながら、身体の機能や内面を総合的に整えていくヨガの豊かな恩恵を受け取る事が出来るでしょう。
初心者から上級者まで幅広く対応した、ヴァリエーション豊かで毎回進化してゆけるようなクラス内容です。

 

プロップスヨガ

アライメント(alignment)とは 姿勢を正すこと、歪みを調整することを意味します。
医学的にも「骨格アライメント」といった使われ方をします。

アライメントを整えるというのはヨガの練習ではとても重要なことです。
単に身体の歪みが調整されたり、安全に練習を深めていくことができるだけではありません。

伝統的なヨガの根本教典『ヨガ スートラ』の第2章46スートラには’STHIRA SUKHAM ASANAM’と書かれています。
アーサナの練習において目指していくものの一つは、アーサナ自体が「どっしりと安定していて(心がざわつかない)
快適なものである」ことです。この状態に近づくにつれ、心を平静に保つことにつながっていきます。

また、ヨガではプラーナ(生命エネルギー)を高めていくために呼吸を整えていきますが、 姿勢が正しくなければ呼吸を整えるのも難しくなります。

1日の終わりに行うヨガは、頑張った自分をリリース、リセットしたい・・・!

日中 酷使した身体~マインドをアーサナの練習により開放していきます。

夜のアーサナ練習で心配事や1日のストレスが流され、
デトックス&リラックス、安眠(質の良い眠り)、身心の回復に繋がります。

目指すのはストレスに負けない心と身体を作ること。
身体が硬くても、体力に自信がなくても大丈夫。
補助具(ブロック、ベルト、ボルスター等)を上手に利用して効果を促します。

睡眠中は身心ともに安静になり、疲れが癒え、修復が行われますが、
夜の程よいアーサナ練習は身心の老廃物を流しやすい状態にし、
自然治癒力を高め修復し易くしてくれます。

疲れを持ち越さない。
ぐっすり眠って、パッチリと目覚める。
朝から心身が活動し易い状態になります。

担当インストラクター:中西郁代(月)

ヴィンヤサフロー

筋力と柔軟性、コントロールと委ねる感覚。それぞれをバランス良く兼ね備える、安定したしなやかな心身を目指します。

担当インストラクター:宮村葉(水)

体幹(コア)ヨガ

月曜朝の運動習慣を取り入れて、アクティブな1週間を過ごしましょう。
全身を使い、身体の体幹を鍛える事で疲れにくく、回復しやすい身体づくりを目指しましょう。
呼吸法やダイナミックな動きを取り入れながら、身体が喜ぶ時間を過ごしましょう。

担当インストラクター:飯田惣一郎(月)