ロルフィングでコアトレ(SUGATAランチ付き)

2008年07月24日

参加者のみなさん、ありがとうございました

前日にも増して暑い一日!
そしてそんな中たくさんの方に参加していただき満員御礼。

コア、そしてインナーマッスルとは一体何なのか。
意識するにはどうしたらいいのか。
ちゃんと使えているのかどうか。
なかなかわかりにくい部分なんですよね。
ヨガやピラティスの先生にも聞き難かったり。。。。

そんな悩みを多く聞き、今回はここにポイントを置きながら今回は、コアの中でも、腹部と骨盤底に着目していきました。

20080721_image01

いつも通り、簡単な解剖学から。
特にこの腹部に関しては、4つの腹筋の関係と筋線維の方向だけはしっかり認識してもらいました。

それぞれの腹筋の力の入れ方を確認した後でいよいよインナーマッスルを使っていきます。

多くの人が感覚がわからず、ついつい力を入れすぎてしまっているインナーマッスル。
大切なのは、自分がする動きに対して適切な筋力を使っていくことです。
インナーマッスルだといって、ただがむしゃらに力を入れてはうまく働かない。

自分で確認をしながら、ロルフムーブメントや小さい動きを通してインナーマッスルの活性具合を確認していきました。
そして、必要以上に入ってしまう時がどういう時なのかも確認。

これさえわかれば、今後も自分で確認していくことが可能です。
そして、適度に力を入れることは、日常の動きの中で行うことができます。
これが大切!
ピラティスやヨガをしている時だけでなく日常生活でインナーマッスルを使えてこそ、心地よいきれいな姿勢が身に付きます。

多くの方に
“インナーマッスルの力が入り始める感覚がわかりました!”
“今までぎゅ~っと力を入れすぎていました!”
とSUGATAご飯を食べながら感想をいただきましたよ^-^/

20080721_image02

本日のランチは昨日に引き続き、鎌倉在住のNaoさんにご用意していただきました。

【ランチメニュー】

  • いろいろ菜っぱのおひたし(モロヘイヤ、ほうれん草など)
  • 夏野菜の煮びたし&揚げびたし
  • ひじきとひき肉の卵焼き
  • 玄米ごはん(とうもろこし入り)

青果市場の新鮮なお野菜がどのお皿にもふんだんに使われています。
夏野菜って、本当に鮮やかですね。
私はとうもろこしと玄米のご飯と、ひじきとひき肉の卵焼きがすご~~~~く好きでした。
おいしかった!2日とも。

みなさん、Naoサン、ありがとうございました!

(text by Rolfer Yuki)