からだにやさしいストレッチ&mini解剖学講座 × ロルフィング

2008年02月14日

レポート by Nobue

kaibou

みなさん、骨盤周りが無理なく緩まったようです。「う~ん、気持ち良い」「お風呂上りみたいにポカポカする」なんて声が聞こえました。

参加して下さった尚子サンからこんな嬉しい感想を頂きました。
ご本人より了承を得ましたので、ご紹介させて頂きます!
尚子サン、ありがとうございました。

『今日はありがとうございましたー。

「私に足りないのはこの動きだ!!!」
な、目からウロコのセッションでした。

骨盤からスライドさせて、体をふたつに折る前屈。
カラダの柔らかいヒトの動きを見て
そうやる分かってはいたのですが・・・
自分の体は言うことを聞かず
「そんなこたぁ出来ん。」と思っていました(笑)

けど、無理矢理二つに折るんじゃなくて
中心から外方向に伸ばしていく!
「私に足りないのはこの動きだ!」と、ウロってました。
まずは、ヒザが曲がってもいいから
仙骨から上に伸ばして行く、ってのが
ワタシ的にはなんともツボでした。
前屈で妥協していい箇所と、これだけは守るべき、という箇所が
とても明確だったので、格段に意識しやすくなりました。
そんな大事なこと、今まで誰も教えてくれなかった・・・(笑)

そんなわけでyukiさんの説明、とても分かりやすかったです。
最初に解剖の説明(絵)があったのも、イメージがしやすくて良かったです。
頭では、ばっちり理解できました!
けど、頭で分かってもカラダが・・・。

そのためには、まずは骨盤周辺をほぐして・・・
と、今日の最初にやったセッションを思い出そうとするのですが
これまでの人生でもトップクラスで使われていなかった部位だし
体の奥を意識するのが難しいです(もぞもぞ)。
骨盤と筋肉が筋膜を通じて繋がってる「感覚」を
体感できるようになりたくて
「もっとやりたいな~」と思いました。

私の「柔軟人生」の第一歩を踏み出せそうです。
あ、まだ、踏み出せてはないんですが(笑)』