ヨガ・ピラティスの為の背骨の柔軟性 ”手~背骨のつながり”

2009年09月21日

誰もが欲しい、背骨の柔軟性。
実は、自分の背骨に持つイメージや意識が、柔軟の邪魔をしていることもしばしばです。

なので、まずは構造をしっかりとイメージで把握すること。
それを今回のワークショップでは重点的にすすめていきました。

そして動きの中でも、いかに普段 ”力” を使って無理に背骨を動かしてしまっているかに気づき、頑張らずに柔らかくいる方が背骨のしなやかさが増すことを体験!

今回は『背骨の柔軟性を増し、手の動きを背骨へとつなげていく』というテーマ。
いかに、手の平の感覚へ意識を向け『やさしい手』を使うことが、背骨の動きを変えていくかも、同じ動きで、ロルフムーブメントのエクササイズの前後にしてもらい感じていきました。

「さっきより全然楽になっている!」

「いつもすごく腕に力を入れていることに気づいた!」

などなど、手の平での感じ方を変えるだけで、からだ全体や動きが変わることを発見!
手で感じる大切さ、そしてその感覚が背骨の柔軟性に関係していることにも気づいていただけたようです☆

今日は、2年の念願かなってついに参加できました!…という方もいらっしゃいました。
土日に都合がつかないと、なかなか難しいんですよね。
そういう方、”平日にやってほしい”などのリクエストは、SUGATAのスタッフにご連絡くださいね。
検討できるかもしれません ^-^

今回は手~背骨のつながりだったので、近いうちに、足から背骨のつながりワークショップもやりたいですね☆いつ登場するかは・・・・お楽しみに♪♪

そしてお楽しみの今日のお弁当は、こふくさん!!
今日もかわいらしいデザート付。
形が崩れていないのに、しっかり中がやわらかい栗の甘露煮や柿をかたどった練り菓子。
おかずも一品一品手が込んでいて、気持ちがいっぱい伝わるお弁当でした♪
(text by Rolfer Yuki)