動く解剖ワークショップ~筋肉を見て触って感じてみよう~

2010年12月06日

  • ワークショップ名:動く解剖ワークショップ~筋肉を見て触って感じてみよう~
  • 開催日:2010年11月23日(祝火)13:00~15:30
  • インストラクター名:解剖学:村井香織 (アトラス・オステオパシー学院解剖学及び臨床検査学講師)& ワークアウト:Mie

ワークショップへご参加下さいました皆様、ありがとうございます。
そしてキャンセル待ちをしてくださった方々、お席がご用意できずすみませんでした。また企画しますので是非次回ご参加下さいませ!
多くの方にご興味、関心を持って頂きましたこと心から感謝申し上げます。

今回はわたくしMieが学んでいる、アトラス・オステオパシー学院の協力を得て解剖学・臨床検査学の講師である村井香織先生をお呼びし、ワークショップ開催の運びとなりました。

この企画を立てた当初、『解剖』というマニアックなコンセプトに果たしてどれだけの反応があるのだろうか、また、解剖を分かりやすくお伝えするにはどうしたらよいかなど課題も多く、あれこれと画策していました。

そして辿り着いた形が 『筋肉を見て触って感じること』 。

私たちが普段動かしている筋肉の構造や機能をスライドで説明し、その筋肉が実際の身体ではどうなっているのかを触り、動かし、感じていきました。
解剖学スライド2
『こんなところから筋肉がはじまっているのね!』
『この筋肉はなぜここにあるの?』
『この筋肉にこんな働きがあったなんて!』

などなど、いざ講義がスタートしてみると不思議がいっぱい。

そんな不思議を共有し、みんなでその疑問を解き進めていきました。

筋肉についての理解が深まったところで、セルフストレッチ講習。
解剖学触って

2人組みになって筋肉を辿っていきます。

解剖学実践

筋肉を意識してストレッチするのと そうでないのとは、効果が大きく変わってきます。

時間に追われる日々の生活の中、ご自身の身体と向き合うという大切な時間を、少しでも有意義な、豊かなものとなりますよう思いを込めてのレクチャーとなりました。

身体に対する思いは皆さんそれぞれおありかと思いますが、何かひとつでも持って帰って頂けたら嬉しいです。

あっという間の2時間45分。みなさま長いお時間お疲れさまでした。
そしてありがとうございました。心から感謝しております!
(text by mie)