7/30(土)クリパルヨガ*夏の月礼拝と呼吸法

2011年08月04日

  • ワークショップ名:クリパルヨガ*夏の月礼拝と呼吸法
  • 開催日:2011年7月30日(土)10:30〜12:30
  • インストラクター名:mitsu

少人数だったので、はじめての方や 他のヨガの体験者など、みなさんの経験に応じてクリパルヨガのポーズをアレンジしていきました。

月礼拝は アシュタンガを練習している方には、運動量があったので、なじみやすいようでした。(しかも3回もしたので、、)
また普段の練習にないポーズに出会って、それぞれの方が何か受け取ったものがあるようで、
楽しい経験、新しい発見をしていただけたようです。

0730-月礼拝

クリパルヨガで大切な最初の体験である、土台や呼吸、アライメントを整え ”私がヨガを” する、という感覚をどんどんしていっていただきたいです。

0730mat

(text by mitsu)

自然の中で生きる私たちも、大きな源(宇宙、自然)の一部です。
季節や 月の満ち欠けに影響を受ける、私達の心身の変化も当たり前です。

今回の夏のWSでは 自然のリズムにまかせるだけでなく、ヨガの呼吸法と月礼拝のシークエンスを学ぶ事で、心身を整え、ヨガの実践を生活に生かせるようにしていきましょう。

自然の流れにうまく委ねながら、日常のタイミングをつかむきっかけとなればと思います。

月クリパル

浄化の呼吸法で、体の中にこもる 夏の過剰な熱(+)を浄化整え、クールダウン。
月礼拝のシークエンスではさらに陰(-)のエネルギーを整え、充実し、体幹、土台を安定させます。

7月30日は獅子座の新月、前日の月礼拝となります。
すっきりとした、新月を迎えるよいタイミングです。

●新月が起こる日時:2011年07月31日 03:34 (獅子座)
●新月が獅子座にあるときに願うと実現しやすいこと
愛とロマンス/創造力/寛大さ/祝福・遊び/尊厳/決断力/短気/ごう慢

————————————
*クリパルヨガの月礼拝とは 
数種類のヨガのアーサナ(ポーズ)を組み合わせた、横に大きく動く一連の動きで構成されます。
かるく汗をかくくらいの運動量があります。
しっかり足は大地を踏みしめ、そしてしなやかに、女性的、陰のエネルギーを整えるともいわれています。

太陽礼拝は 前に動く、男性的とも思える陽のエネルギーを整えるといわれてます。
今回のWSではフォーカスしていませんが、月礼拝の前にウォームアップとして太陽礼拝のバリェーションを行います。

————————————

mitsuクラスで大切にしていること

完成されたヨガのポーズを求めるのではなく、誰かと比べない、みなさん自身の体験を大切にします。今、ありのままの私でいいのです。

ゆったり呼吸からはじめ、少しづつヨガをする私に意識を向けていきます。みなさんの体は様々です。また違いがあって当然です。
安心安全なヨガクラスをこころがけています。
ヨガをして心理的に解放、感情があふれる事もあります。ヨガをする 心と体に寄り添いそばにいます。個人の体験を なにより尊重します。 be happy

mitsu photo2【mitsu プロフィール】四国の愛媛県今治生まれ。瀬戸内の海育ち。2002年、長年たづさわる 先を求める広告の仕事、他者との関係、自分自身の心のありように バランスをとるのが難しいと感じ始めた時、旅先のNYの下町でヨガと出会う。ヨガの印象が怪しくない、みんな楽しそう!という印象とともに興味を持ち、早々に都内のヨガスタジオに通い始める。様々なスタイルのヨガに通う中、体がすっきり、心が穏やかに、なっていくのに気づいてくる。
2003年、米国クリパルセンター公認指導者の三浦徒志郎のクラスを受ける。心のとても静かな場所とありのままの私が素直につながる感覚に気づき、クリパルヨガを深く学びたいと思い練習を始める。
2007年米国ヨガアイランス認定クリパルヨガ教師養成コース終了。米国クリパルセンター公認ヨガ教師。

現在、米国クリパルセンター公認スタジオ、クリパル・ジャパンヨガスタジオにて指導。(www.kripalu.jp)
広告撮影の仕事はフリーランスで活動。ヨガをする中で生まれた工夫、地元今治タオルを使った滑らないタオルヨガマットを考案、2009年秋タオルヨガマット「Pippi yoga」をリリース。デレクター、デザイナー顔も持つ。(www.pippiyoga.com)