9/24(土)内腿と骨盤底をつなげて使おう

2011年09月25日

  • ワークショップ名:内腿と骨盤底をつなげて使おう
  • 開催日:2011年9月24日(土)10:30~12:30
  • インストラクター名:Rolfer Yuki

骨盤底と内腿をテーマにすすめた今回のワークショップ。
このテーマを選んだのも、ちょうどここ1〜2ヶ月ほど、私自身やロルフィングやピラティスのクライアントと向き合うことが多く、その中で、自分の中で新しくもあり、そして誰にでも感じてもらいやすい方法を見つけたからでした。

なので、今回のWSでのゴールは
ズバリっ!
『足から脚の内側を通って骨盤底までのつながりを感じてもらう』
…ということ。

最近では当たり前のように聞く、骨盤底や内腿。

“理由はわからないけれど大切なようだ”

という人が多いので、骨盤底や内腿の働きや、なぜ大切なのか、そこが弱いとどうなるのか、というお話をしながら、実際に自分のからだで触って骨盤の構造などを感じていってもらいました。

2010.9説明

そして、骨盤底と脚の内側の構造と大切さを知ってもらってから、それぞれの意識の仕方を紹介。

お家で意識する時の注意点や、意識した時にどう感じるかを、しっかり一人一人確認をしながら進めることができて

「足の意識からすーーーーっと内側につながる感じを
 はじめて感じました!!!」

…と、参加者のみなさんがおっしゃっていたのが印象的!

2011.9 チェック

骨盤底はぎゅっと力を入れればいいってものじゃないし、
内腿もただ力を入れればいいわけではありません。

感覚にまず意識を向けて、
骨盤底や内腿、足の内側全体が感覚からつながっていけると、
どこの筋肉というわけではなく筋膜の大きなつながりですーーっと力が入るので
これを感じてもらえただけでも、すごい発見!!

2011.足元

「脚の内側と骨盤底がつながっているのを感じました」

「上半身の力を使わなくてもいいことがわかりました!」

「足の意識をするだけで、すーっと内側がつながって
 骨盤が安定する感じがしました」

「今まで力を入れ過ぎていたことに気付きました!」

「なんだか今までにない感覚で新鮮ですっ」

などなど、うれしいコメントをたくさんいただきました☆

2011.9実践

一度感じたことは、日常の中でも感じやすくなるものです。
コアの部分は、たまーにたくさん意識して使うよりも、
日々の生活の中で少しずつ頻繁に意識をしていく方が効果的。
お家に持って帰って、時々思い出してもらえたらうれしいな〜と思います。

さて、次回は10月22日(土)10:30~。テーマは、「肩まわりと腕の使い方」

腕の緊張のゆるめ方から、腕と肩の使い方や可動域の広げるエクササイズなどをご初回します。
そしてその結果、デコルテラインをすっきりとさせつつ、首・肩・腕の安定につながるようなことを目標にしていく予定です☆

(text by Rolfer Yuki)