菊池 佑子 (ヨガ)

yuco02

名前

菊池 佑子/きくちゆうこ 「ゆうこ」「ゆこ」「ゆっこ」…いろいろな呼び名で呼ばれてます♪

生徒さんへのメッセージ

ヨガは、考えるよりやってみよう!
一歩踏み出し、スタジオに来て、そこで出会うたくさんの気づきと、つながりと。これらから広がる自分の世界を是非、楽しんでください。
ヨガマットの上で感じたこと、気づいたこと、出会いやつながりは、必ず日常生活でも生かせます。

ヨガマットの上だけがヨガじゃない、生活に生かしてこそ幸せを味わえる、そんなヨガの世界へ、ようこそ♪

「Life with yoga…」ヨガのある人生…より、「yoga with life…」ヨガとともに生きる人生を。

>> yuco先生の個人ブログを読む

経歴、Policy、ヨガを始めたきっかけなど自分にまつわること

OL時代、ネットワークシステムインストラクターを経て、結婚、出産。 仕事柄、不規則でよく体を壊していました。23歳で初めてぜんそくにもなり、何度も夜間救急を利用するほど体も心も疲れていました。 2人目出産後に、ヨガと出会いました。日々育児と家事と、家族や周りの事に追われ、自分を見失う感覚があって。そんな時に出会ったヨガは、

「自分の事を自分で癒す、セルフメンテナンス」

だと私に教えてくれました。

それから8年、今でも、私自身のセルフメンテナンスはヨガがメインです。
今日の体、心の状態。バイオリズムや、食欲。すべての事を、朝の家事の合間に確認します。弁当作りながらヨガのアーサナ(!)、洗濯物干しながら呼吸法。

そんな日常に、私のヨガは存在しています。

さっきの自分でもなく、その先の自分でもない。
いま、この瞬間に存在している自分を見ること。
その自分を見る目は、決して厳しくもなく。けど、甘くもない。ありのままを、ただ「見る」。

ジャッジメントが必要ないことを知れば、どれだけ幸せが身近に感じられるか。
自由を身近に。
かといって好き勝手じゃない。生活の中でのルール、社会のルールは守りながら。

視野が広がり、世界が広がり、つながりが広がり。
流れに身を任せて生きていく。

私の魂のモットーです。

食生活で心がけている事

家族がいるので、世の中に流通している食材を使って基本的になんでも作り、食べます。
でも、子供のころからお肉が苦手。なので、お野菜、魚が中心になりますが、作るものはお肉もしっかり使います。

子供たちには、その食材がどうさばかれ、料理され、口に入るかはちゃんと話しています。そのうえで、娘はお肉は好まないし、息子は、目の前で私が魚をさばくのを見て食べたくないといいます。

自分が口にする物が、自分の体を作っていることをしっかり意識して感謝して食事をし、いずれはどんな食事内容にしていくのか、大人になる過程で自身で決めてくれればいいなぁと思っています。

私の身体メンテナンス法

生活のリズムを大事にしてます。

朝、一日の食事時間、内容を考えます。
ランチをする予定なら、朝は、酵素ドリンクだけ。ランチはおなかいっぱい食べたら、夜は炭水化物はなし…など。

一日で一番大事にしているのは、
①良質な植物性タンパク質を食べる
②火を通さないローフードで酵素の摂取

最近はフルーツから自分自身で、酵素を作って飲んでいます。自分の常在菌で発酵するので、体にしみこむ感じがたまりません!

SUGATAでの担当クラス

■やさしいヨガ / 毎週水曜日 13:00~14:30

■やさしいヨガ /毎週土曜日  16:30~18:00

「ヨガって、なあに?」の初心者から、ゆったり動きたい経験者まで広くご参加ただける内容です。
無理なく心と体をシンクロさせる。
自分のできるところで、自分を見つめるお時間を過ごしませんか?

好きな色

Earth color

この世の中を彩るすべての色。
特に、朝の空、昼のまぶしい太陽、夕方のコントラスト。
地球が彩るすべては美しいですね。

オフの過ごし方

たまった家事(笑)海でのんびり。 ヨガのプラクティスのために生徒となってクラスを受けに出かけます。 映画鑑賞。

今、興味があること

ヨガ 瞑想 旅行

一言メッセージ

毎日笑って、楽しく、感謝して。
皆様との出会いを楽しみにしています♪