【スガタコラム】赤ちゃんのお兄ちゃんお姉ちゃんも、まるごとマッサージしてみよう!

2019年05月14日

赤ちゃんだけじゃもったいない♡
赤ちゃんのお兄ちゃんお姉ちゃんとも
スキンシップ遊びをしてみませんか?

小学校の保護者の方々とピラティス&タッチケアの講座後こんな話になった事がありました。

「自分(ママ)がタッチケアしてもらっていたら最近上の子に触れていないな〜と思いました。」
「大きくなってくると、あまり触らせてくれないんですよね。」

赤ちゃんと一緒のピラティスクラスでも上のお兄ちゃんお姉ちゃんとの過ごし方など話題に上がる事もよくあります。

幼児期、児童期、カラダもココロもグングン成長する時期だからこそ
ママの暖かな手で触れてあげてみてくださいね♡

今回は“お兄ちゃんお姉ちゃんとのスキンシップ遊び”をご紹介します

幼児期のお子さんには
⚫︎以前コラムに紹介した“いっぽんばしこちょこちょ”の遊び >> 
⚫︎カラダを線路に見立て、ママのお手てを電車にしてガタンゴトンとはしらせてみたり☆

児童期くらいになるとゲーム要素をとりいれてみるのもおススメ

⚫︎「何と書いたでしょう?」ゲーム
背中に文字を一本指で書いてあてっこする。
手の平全体で文字を書くと少しむずかしくなるのと、マッサージ要素も加わりまよ☆
児童期後期、青年期になると
習い事や勉強でお疲れ気味の時など
マッサージしてみる?と触れてほしいとこを聞いてほぐしてあげるのもスキンシップになりますね

触れる事はカラダの認知力も上げてくれます。運動前や習い事の前に触れてあげるのもおススメですよ♪

親や親しい人にタッチしてもらい、タッチされて気持ちいいな、嬉しいな、安心だなと感じるとお互いにオキシトシン(きづなホルモン)が分泌され
お互いに癒される効果がタッチケア、触れ合いのとってもいいところです。

お子さんが大きくなってきたら
遊びながら、マッサージしながら
親子で触れ合いの時間を作ってみて下さいね☆

 

過去のコラムはこちら↓
第1回:ママとあかちゃんが 安心して楽しめる場所 
第2回:ママとあかちゃんのスキンシップ / ベビー編
第3回:親子でスキンシップあそび〜mama&babyピラティス〜
第4回:クラスの風景*ごあいさつタッチ〜mama&babyピラティス〜
第5回:ママと一緒にエクササイズ!〜遊びの中の体験〜

 

 

担当:竹内亜矢子たけうちあやこ先生
毎週(火)13:30~14:45 開催しています!

mama&babyピラティスは、

◯ママ、気軽にきてね
◯あかちゃんは泣いてもいいよ
◯楽しい、安心できる場所だよ 

をモットーに

ママの妊娠前より機能的で美しい身体づくりはもちろん、
あかちゃんの発達を促すような触れ合い遊びなどをも取り入れて、
ママとあかちゃんの、心身の健やかな成長をお手伝いしています。

対象:
ママ …出産後2ヶ月以上、医師の運動許可がある方
あかちゃん…首がすわった〜ハイハイタッチの頃まで

※4歳以上のお子さん連れでのご参加OKです!
第2子、3子のママもご自身の体調ケアに、ぜひご参加ください.
エクササイズ専用マット無料レンタル*お気軽にお越しください。