【FOOD】冷えBODYを解消してホッコリ美人に

11月も中旬になり、朝晩の冷え込みがめっきり厳しくなってきましたね。
冷え症の方にとっては、とっても辛い時期に。。。

今年の冬はそんな冷え症を解消して、ホッコリ美人を目指しませんか?

現代社会で蔓延する冷え症。
女性の大敵と思われていた冷え症も今や男性、子供までもが冷えを辛いと感じると言うのです。

さて、ここで皆さまの冷え度チェック!

◎ご自分の平均体温をご存知ですか?
 35℃台?!36℃台?
 理想の体温はなんと36.5℃!35℃台の方は隠れ冷え症かも?

◎毎食サラダを食べてる方、この習慣は要注意です!

◎便秘は大丈夫ですか?

◎カラダは冷えていないけど、頭だけがボワッとしたりしませんか?
 このような「のぼせ」の状態も、実は体の芯が冷えているのです!

一つでも当てはまる方、冷えBODYの可能性大かも?!
そんな冷えたカラダではいったい何が起こっているの?と言う事で・・・

想像してみて下さい。
油のついたお皿を冷たい水で洗ってもなかなか油が落ちないですよね。
でも、温かい湯で洗うと・・・・
スッと油が落ちた経験、ありませんか?

これと同じ現象が体内でも起こっていると考えてください!

冷えた体内では、過剰な脂肪が内臓の周りや、血管の内側で固まり付着し、代謝が停滞。
体内に老廃物が溜まって太り易いカラダに。。
体が冷える⇒血流が悪くなる⇒脂肪が溜まる⇒さらに血流が悪くなる・・・と負のスパイラルは全て”冷え”が原因。

そんな冷え症を解消したい!という時に、まず食事では、この時期旬である球形、根菜を摂りましょう。
糖質をゆっくりエネルギーに変えてくれるので、体を芯から温めてくれます!

 

image_687_01

ダイエットのためにサラダばかり召し上がっている方、サラダに入っている食材を思い浮かべてみてください。
キュウリ、トマト等の夏が旬のお野菜が多いですよね。
こういった野菜は、夏の暑さで火照った体の熱を取る働きがあるので、カラダが冷えていくのです。ということで、冬の摂り過ぎには要注意です。

まずは主食を白⇒茶色(全粒穀物(玄米、パン、パスタ))に変えてみましょう。
カロリーはほぼ変わらないですが、ビタミンや食物繊維が豊富なので、新陳代謝が盛んになります。美容パワーも断然に高い☆

でも、いますぐ温まりたい!そんな時の速攻対策として、オススメは梅醤番茶。
作り方はいたって簡単。でも飲んだ途端カラダがポッと温かくなるのを感じて頂けます。

 

 

image_687_02

【梅醤番茶の作り方】
1.湯のみに、中くらいの梅干一個を種を取って入れ、お箸で突き砕く。
  *梅ペーストでも代用できます。
2.醤油大さじ1を入れて練る。
3.生姜のおろし汁2滴ほど落とし、熱い番茶を注いでかき混ぜる。

*味の濃さは美味しく感じるように各自調整してください。
*食前や空腹時に服用して頂くのが効果的です。
*お子様には4~5倍に薄めてあげて下さい。

これから年末、年始、お酒を沢山頂く機会もあると思いますが、二日酔いにもこの梅醤番茶は効果的です。

梅醤番茶を上手く活用しながら、普段の食材選び、そしてもちろん沢山カラダを動かして、寒い冬を元気に楽しく乗り切りましょう ^-^!

【中村美由紀(ナカムラ ミユキ)】
マクロビ・ビューティー・アドバイザー
「玄米菜食」「ピラティスストレッチ」講師
「美・食・運動」を軸に発信、活動中!