【Rolfing】ロルフィングで身体はどうなるのか!!?

今回はロルフィングでからだがどうなるのか、を、SUGATAでロルフィングWSやプライベートセッションを担当しているRolfer Yuki さんにわかりやすくご紹介いただきました。

———–

自分のサイズに合っていないセーターなんかを着るとすごーーーーーーく動きにくい感じ、イメージできますか?

もしくは、サイズが小さくなったすごーーーーーーくきついジーンズなんかをムリに履くと、履いてない時に比べて、脚が開きにくかったりしませんか。

からだの中で動くことが少ない(もしくは動いていない)部分や、過剰に動きすぎてしまっている部分では、そういう状態になっている感じです。

きついセーターもジーンズも一生懸命引っ張ったり、伸ばしたりすると少し楽になってくるけれど、度合いによっては、どうしようもなくなってしまいます。

そのようなきついセーターやジーンズを、特別な手法で動きやすいように緩めていくのが「ロルフィング」です。

ヨガをしたり、運動をしたりして、動いていくことで身体は緩んではいくんですが、長い間放置されていればいるほど、どうしても自分では緩めきれない部分ができてきます。

そこをロルフィングでは、動きを見ながら(ただ静止した姿勢を見ているわけではないのがポイントです)

“あ、セーターのこの部分が他の部分より伸びにくそうだな”

と伸びを邪魔している部分を見つけて、他の伸びている部分と同じように 伸びやすくしていくお手伝いをしていくわけです。

セーターもジーンズもうまくフィットするとどうなるかと言えば、

そう、とても動きやすくなります。

今まで脚が開かなかったのは、見えないきついジーンズのせいかもしれないし腕が動きにくかったのも、見えないきついセーターのせいだったのかもしれません。

自分で動いたりストレッチしたりしても動きにくいのは、ひょっとしたらセーターやジーンズのどこか気付いていない部分にどうしても伸びにくい部分があるのかもしれません。

そしてロルフィングでは、

伸びやすくするお手伝いをしながらそのセーターやジーンズが再び縮みにくくなるようにお手入れの仕方も紹介していきます。

セーターを洗う時はこうやって洗うんだよ、

というように

からだをこう使ってみてはどうでしょう?

と紹介していくわけです。

セーターやジーンズと違うのは(違って当たり前なんだけど)

からだは、その人自身のものである ということです。

感じることで、”あ、最近きつくなってきたな””あ、この動き方だと縮みそうだな”など、自分自身で気付けるようになる力を育てていくのも、ロルフィングの大きな役割です。

また、このセーターはこう洗うと縮みやすい、というように、自分のカラダや動きの特徴や癖を知っていくことも、ロルフィングの醍醐味。

ロルフィングを受けることで

『動きやすいからだにしつつ、自分のからだや動きの癖や特徴を探求しながらできる限りまた動きにくくならないように気付けるように、からだを自分のものに』

していきます。

誰かに言われた通りにするカラダではなく自分が心地良く感じる場所を自分で見つけていくこと。

動きやすいからだの秘訣はここにあるんですね。

(text by Rolfer Yuki)